アレルギーの基礎知識 アレルギーの原因〜検査・対策・治療

痒みや炎症などアトピー性皮膚炎の症状について説明しています

アトピー性皮膚炎による症状とは

アトピー性皮膚炎の症状には、皮膚の炎症や痒み、皮膚が乾燥するなどがあります。大きな特徴としては、痒みを生じる発疹を何度も繰り返す事が挙げられ、発疹の出やすい箇所は、顔や首、そして肘や膝の窪み部分などで、最悪のケースでは全身に発疹が及ぶ事もあります。

これらの発症患者の大部分は、5歳という子供時代に発症しているケースが多い事からも、遺伝的要素が体質と関係している様です。そして、アトピー性皮膚炎の発症者の特徴としては、気管支喘息やアレルギー性鼻炎にも発症しやすい事が現在分かっています。アトピー性皮膚炎は、人により発症に差はあるのですが、季節が痒みの度合いと大きく関係している様です。

例えば、冬に症状が悪くなる人のケースでは、寒くなる事により肌が乾燥してくると、かゆみも重くなるというケースが多く、気温が高くなると温度の上昇により肌が発汗して潤う事により、痒みが軽減されると言う人もいます。

夏に症状が悪くなる人のケースでは、汗が皮膚を刺激する事により痒みが増すという人もいます。また、発汗により細菌が増殖して、炎症を促す事により痒みを感じる人もいます。アトピー性皮膚炎の症状では、布団に入るとか痒さを感じたり、ストレスが原因で痒くなったりと人により様々に症状が異なるようです。

債務整理 ワンポイント

Copyright 2008-2013 アレルギーの基礎知識 アレルギーの原因〜検査・対策・治療 All Rights Reserved.