アレルギーの基礎知識 アレルギーの原因〜検査・対策・治療

アトピー性皮膚炎の症状である痒みについて説明しています

アトピー性皮膚炎の痒み対策法

アトピー性皮膚炎の発生は、5歳位までの間に起きやすい傾向がある皮膚疾患です。近頃では大人になった後に症状を患う人も増加しています。この際、皮膚に痒みや炎症が起こり、痒くて掻く事により更に症状を悪くしてしまい、自分だけでなく周囲から見ても切ない皮膚疾患です。

アトピー性皮膚炎発症には、正確な原因が特定されておらず、色々な原因があると言われています。症状による痒みを改善する為には、通常の病院で処方が受けられるステロイド剤やプロトピック剤などの免疫抑制剤や保湿剤、炎症・鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、漢方薬といった種類があります。また市販の薬にも色々な保湿剤や漢方薬、洗浄剤が販売されています。

腸内環境を調整するビオチンを配合したサプリメントも販売しています。アトピー性皮膚炎による痒みは何度も繰り返し発症します。皮膚に刺激を加えずに保湿を行なう事が最も重要です。乳幼児や子供の場合は、痒いと我慢出来なくなり激しく掻いてしまう事が多いので、爪を短くしたりして皮膚に傷を付けたりしないようにする事も大切です。

アトピー性皮膚炎には、生活環境も大いに関係しているので、部屋を清潔に維持する事が症状を和らげる事に役立ちます。この様に普段の生活に少し工夫を取り入れたり、正しいスキンケアを行なう事が痒み予防に役立ちます。

債務整理 ワンポイント

Copyright 2008-2013 アレルギーの基礎知識 アレルギーの原因〜検査・対策・治療 All Rights Reserved.