赤ちゃんの食物アレルギー・離乳食の注意点

アレルギーの基礎知識 アレルギーの原因~検査・対策・治療

赤ちゃんの食物アレルギーはなかなか気づかないものです。赤ちゃんは言葉をしゃべることができません。離乳食をあげているときに、いつもと違う表情やそぶり、体の変化などが現れたら注意をする必要が・・・

アレルギーコラム食物アレルギー

赤ちゃんの食物アレルギー・離乳食の注意点

もし、離乳食をあげている時に食物アレルギーの症状が出たら、すぐに食事を中止しましょう。 赤ちゃんでは、食物のどれが原因であるのか、または他のアレルギー症状なのか、すぐには鑑別が困難です。


しかし、その決まった食材を摂取する時に食物アレルギーの症状が出る時には、食物アレルギーの可能性が高いでしょう。アレルゲンではなにがよく見られるのでしょうか。食物アレルギー症状が起こりやすいのは卵だそうです。次いで大豆、小麦、牛乳などです。


そばはアレルゲンとしては特に注意が必要です。食物アレルギーの症状としては、呼吸困難になったりしますので、まずは1口からあげてみましょう。なにか症状が現れたら、すぐに中止し、様子を見守りましょう。


その他のアレルゲンでも、食物アレルギーの症状で、機嫌が悪くなったり、軽く発疹が出たりすることがありますが、そのくらいならすぐには病院には行かなくても大丈夫です。しかし、そのうちぐったりしてきた、呼吸が荒くなってきたなど、明らかにいつもと違う症状が出たらすぐに病院で診察を受けてください。


食物アレルギーであるか、病院で検査を受けたい時には、アレルギー症状が出た時に食べていたものや、症状が毎回出るのか1回だけなのか、などを書いておいて、持っていくとスムーズにいくでしょう。

« 小麦アレルギー対策ってどうしたらいいの? | 食物アレルギー

スポンサードリンク

Copyright 2008-2014 アレルギーの基礎知識 アレルギーの原因~検査・対策・治療 All Rights Reserved.