アレルギーの基礎知識 アレルギーの原因〜検査・対策・治療

ダニが原因となり人間やペットが感染してしまう病気について説明しています

ダニが感染源となる病気

ダニの死骸や糞はアレルギーの誘因になるのですが、それだけでなく人間やペットに病気を感染させることもあります。ダニが私たち人にもたらす病気に疥癬(かいせん)があります。疥癬とはヒセンダニが寄生することで引き起こされる皮膚の病気で、酷い痒みを伴います。

ワキの下や指の間など体の柔らかい部分に発症することが多く、線状の湿疹や発疹が出るのが特徴で疥癬トンネルと言われています。湿疹はその後全身に広がります。体温が上昇した時に痒みが強くなるため、就寝時に症状がよく現れます。

この疥癬は人から人へ感染するのが特徴です。肌が触れたり、布団や毛布、シーツなどの寝具からも感染します。ダニがもたらす病気は人間だけでなくペットにもおよびます。代表的な病気にバベシア症があります。バベシア症は、犬に寄生したマダニが刺すことでバベシアという虫が血液内に入り込み、赤血球を破壊することで貧血や発熱などの症状を引き起こします。

バベシア症に感染した犬の症状は、舌や結膜が白っぽくなったり、尿の色が濃くなります。幼犬や老犬がバベシア症に感染すると死に至ることもある病気です。バベシア症の感染を防ぐには、マダニが棲息する草むらなどに犬を連れて行かないようにしてマダニとの接触をできるだけ避けるようにしてください。散歩などから帰ってきたらこまめにブラッシングをしてダニを駆除する習慣をつけてください。また、マダニを予防する首輪なども販売されているので、マダニの多くいる地域に住んでいる方は利用するようにしましょう。


Copyright 2008-2013 アレルギーの基礎知識 アレルギーの原因〜検査・対策・治療 All Rights Reserved.