アレルギーの基礎知識 アレルギーの原因〜検査・対策・治療

乾燥肌とアトピー性皮膚炎の違いについて説明しています

乾燥肌とアトピーの違いって何?

乾燥肌は、老化や紫外線によるものから、自然となってしまうケースと、アレルギーなどの疾患によるものとに大別されます。乾燥肌とアトピーとは症状が良く似ています。肌が乾燥しカサカサしているという点では見た感じは同じようですが、アトピーは列記とした病気なので異なります。

アトピーはアレルギー症状が皮膚に激化して現れたもので、アレルゲンと呼ばれる原因の過剰反応で起こります。乳幼児の場合肌の乾燥による痒みがあっても自分で掻く事ができませんので、乾燥肌の症状がひどくなってきてアトピーを疑うようならば、早いうちに皮膚科等を受診し水分保湿をするようにしましょう。

反対に成人のアトピーは、日常のストレス・ダニ等のハウスダストといった生活環境が誘因と考えられ、乳幼児のアトピーと違って治りにくいのです。乳幼児の肌の乾燥で皮膚科に行き「乾燥肌」と診断されたにも関わらず、最終的には「アトピー」と診断される事がある程、判断は難しいものなのです。

アトピーの原因とは様々な見解がありますが、一般的に生活環境や食物アレルギー・遺伝・外的刺激などが原因としては有力視されています。乳幼児のアトピー同様、普段から肌の乾燥を防ぎ、水分補給・保湿が大切です。更に、根本原因となる生活環境の改善への努力も心がけましょう。アトピーでの肌の乾燥がひどくなり薬を使う時は、事前に医師への相談をし処方された薬以外を使う事はやめましょう。乾燥肌とアトピーに使われる外用薬は、似た症状であってもそれぞれに専用薬を塗布し、正しい使い方を心がけましょう。

債務整理 ワンポイント

Copyright 2008-2013 アレルギーの基礎知識 アレルギーの原因〜検査・対策・治療 All Rights Reserved.